タイミングが大事

タイミングと見通しが肝心です

一戸建てを売却するときに早く売ろうと考えないことです。不動産は景気によって需要が大きく変化します。相場も変化します。そのため今後の景気のことを考えなくてはいけません。そして売却する時期がきたら早めに不動産会社に相談します。今は中古住宅が購入しやすい環境づくりが国土交通省が既存住宅インスペクション・ガイドラインを策定したり長期優良住宅化リフォーム推進事業などを通して始まっています。消費者が中古一戸建てを購入しやすくなったということは売却しやすくなったということです。そして現在の若者は中古住宅に抵抗感がなく安く一戸建てを手に入れて自分好みにリノベーションする動きが活発になっています。リノベーションをするための書籍も販売されていてより効果的な一戸建て売却が期待できます。

査定は気軽にできます

一戸建て住宅の売却は今はネット上でも無料で査定してもらえます。一戸住宅の良い点や現在の写真を添付して相手である不動産会社の反応を見て売却を依頼する会社を決めることができます。迷っている人は匿名でも簡易な査定もできます。売却時に問題になる境界や越界に関しての相談や弁護士や税理士などの相談まで対応してもらえます。購入側への入居後に関する不具合に対する対処も代行してくれる会社もあるためまずは一度不動産会社に相談するのが良いでしょう。また住みながら売却もできます。売却金額は契約時と引き渡し時の2回に分けて支払われます。販売が決まれば不動産会社がチラシやネットや雑誌等で広告を出します。広告手数料はほぼ無料です。